福祉読書365

福祉に関連する書籍を365冊セレクトします。「もっと良い本があるよ!」という方、ぜひ教えてください。

No.021 近藤二郎『コルチャック先生』

 

決定版 コルチャック先生 (平凡社ライブラリー)

決定版 コルチャック先生 (平凡社ライブラリー)

 

 

 

強制収容所行きの貨物列車を前にして「あなたは残ってよい」と言われたコルチャックは、子どもたちが連れていかれることを知ると、与えられた救済を拒否し、自ら貨車の中に入っていった。ユダヤ人迫害の嵐が吹き荒れ、子どもの人権どころか人間の尊厳そのものがゴミクズのように扱われたナチス・ドイツ下のポーランド。のちの「子どもの権利条約」制定に大きな影響を与えた思想は、そんな極限状態にあって決して膝を屈しない、苛烈な生きざまの内に育まれたのだ。日本におけるコルチャック研究の第一人者による、魂をゆさぶる評伝。