福祉読書365

福祉に関連する書籍を365冊セレクトします。「もっと良い本があるよ!」という方、ぜひ教えてください。

No.032 福間詳『ストレスのはなし』

 

ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)

ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)

 

 

 

誰もが無縁ではいられず、適度であれば充実した人生には欠かせない。よく知っているつもりで、実はあまりよく知らず、扱い方を誤ると命にかかわる。ストレスとは、人生にとってのスパイスであり、伴走者であり、そして強敵なのである。うつ病とされている人の多くも、実はストレス障害だと著者は言う。本書は、そんなストレスについて正確に理解し、適切に向き合うための、よく整理された処方箋。特にストレスに対して「すべきこと」「してはならないこと」をまとめた第6章は、現代人必読だ。