福祉読書365

福祉に関連する書籍を365冊セレクトします。「もっと良い本があるよ!」という方、ぜひ教えてください。

No.039 三木成夫『胎児の世界』

 

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))

 

 

 

母乳や玄米の味に遠い生命記憶をおもい、刻々変化する胎児の顔に、生命進化の痕跡をみる。生命とはどこからやってきたのか。胎児とはいったい何なのか。異色の解剖学者・三木成夫が綴る、読むうちに自分が羊水の中で宇宙を感じるような、生命リズムと「おもかげ」の生命論。