福祉読書365

福祉に関連する書籍を365冊セレクトします。「もっと良い本があるよ!」という方、ぜひ教えてください。

No.048 ジョック・ヤング『排除型社会』

 

排除型社会―後期近代における犯罪・雇用・差異

排除型社会―後期近代における犯罪・雇用・差異

  • 作者: ジョックヤング,Jock Young,青木秀男,伊藤泰郎,岸政彦,村澤真保呂
  • 出版社/メーカー: 洛北出版
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 56回
  • この商品を含むブログ (52件) を見る
 

 

 

労働環境が変わり、同じような人々を微妙な差異によって差別化する「相対的剥奪」が顕在化した。同時に起きたのは、共同体の崩壊でよりどころをなくした自己を支える、薄っぺらなナショナリズムと極端な差別主義。かくして、マイノリティを社会に再統合しようとしてきた「包摂型社会」は失われ、現代は「排除型社会」に成り果てた。「ソーシャル・インクルージョン」を学ぶには、まず「ソーシャル・エクスクルージョン」の現実を知らなければならない。現代社会の病理を的確に描写し、後期近代に向けた処方箋を提示する一冊。